女性が浮気を疑って声を掛ける心理について

女性は、付き合っている男性の浮気についてとても勘が鋭いので分かることが多いですね。その時、心の中にしまっておこうと思う時と、そうでないときがあります。心の中にしまっておくことができないときは、相手の男性を問い詰めてしまうことも。そのときの問い詰め方により、女性心理がわかります。ここでは、そんな声をかけ方と心理についてご紹介します。

・浮気をしているの?
なんとなく彼の態度が怪しいと思った時、こんな風にダイレクトに聞いてしまうことがあります。やっぱり心配となり、聞いてしまうんですね。その心理としては、否定をして欲しいと思っています。当然のことなのですが、このようにソフトに聞くのはまだ好きという気持ちが隠されているからなんですね。

・浮気をしているでしょ?
浮気をしていることを、そのままズバリと言ってしまうことがあります。浮気をしているとこちらの確証がある時とない時がありますね。確証がない時でも、やっぱり知りたいと思っているのです。長い付き合いの女性は、そんな風に男性に対して少し強めに聞くことがあります。その時は、浮気をしていることにより、別れる覚悟があると思っているかもしれません。どちらでもいいと、諦めているところもあるのではないでしょうか。

・別れたい
彼が浮気をしていることがわかると、そのことを問い詰めることなくそのままもう限界と思って別れることを切り出します。それは、一回でも浮気をされたことにより嫌になる女性や、何度もされていて限界と思ってそのように別れを切り出すことがあるのです。その時は、どんな言い訳をしてもある程度女性の気持ちが固まっていると考えられます。

・浮気をしてもいいよ
浮気をしてもいいよというのは、その男性のことを本当に好きな女性なんですね。そのことを理解しているので、どんどんしても別れることがないという良い女性に見せたいという、そんな心理があります。その男性と別れたくないのです。